クレジットカード 法人・個人事業主カード

【法人・個人事業主向けクレカ】NTTファイナンスBizカード レギュラーの特徴や審査を解説!

【法人・個人事業主向けクレカ】NTTファイナンスBizカード レギュラーの特徴や審査を解説!

ビジネスを個人で始めたばかりの方や法人起業したばかりの方は、個人の時に使用していたクレジットカードを、そのまま仕事で必要なものを購入していませんか?

個人のクレジットカードを、そのまま利用すると経費を算出するのは面倒です!

ビジネスを始めようと思っている方、独立しようと考える方、個人カードを利用しているから経理が大変という方におすすめなのが、NTTファイナンスが発行しているNTTファイナンスBizカード レギュラーです。

NTTファインスBizカード レギュラーは、ビジネスカードにも関わらず年会費無料なうえに還元率が1%、国内・海外旅行傷害保険が最高2,000万円、ショッピング保険が最高100万円も付帯しています。

年会費無料の法人・ビジネスカードは稀なうえ、年会費無料になる条件も一切ありません!

法人・ビジネスカードの場合、還元率が1%以下がほとんどの中、NTTファイナンスBizカード レギュラーは還元率が1%となるため極めて優秀なビジネスカードです!

ビジネスカードなので、ビジネスに必要なサービスも豊富で法人価格で購入できるAmazon Businessに簡単に登録できたり、ガソリンが安くなる出光キャッシュバック、福利厚生優待サービスのベネフィット・ステーションを低コストで利用出来ちゃいます。

NTTファイナンスBizカードの特徴!

  • 無条件で年会費無料
  • 高還元率の1%!
  • 従業員向けのつかカードも年会費無料で発行
  • 国内・海外旅行傷害保険が最高2,000万円
  • 海外旅行傷害保険は持っているだけで補償
  • ショッピング保険が最高100万円
  • ビジネスに必要なサービスが豊富
  • 充実した付帯保険!

🙂 この記事は、法人・個人事業主向けにおすすめのNTTファイナンスBizカード レギュラーの特徴や審査について詳しく解説していきます。

法人カードとは?(ビジネスカード)

法人カードとは?(ビジネスカード)

ところで「法人カードとは普通のクレジットカードと何が違うの?」っていうところなんですが、法人カードは会社や個人事業主などの企業・法人に対して発行されるクレジットカードで、個人向けのクレジットカードとは特徴的に異なる部分があります。

NTTファイナンスBizカードも法人カードになります。

🙂 主な法人カードの特徴は、

  • 支払い口座に会社名義の法人口座を設定できる
  • 利用限度額が大きい
  • 従業員用の追加カードを発行できる
  • 事業用経費を一括で管理できる
  • 事業用のサービスが付帯している

上記のような特徴があります。

個人のクレジットカード限度額では事業用途では不足する場合が考えられるので、限度額の上限が高めに設定できる点は本当にありがたいところです。

クレジットカードヒストリー(クレジットカードの利用履歴)を積んでいくことで、さらに利用限度額を上げることも可能になります。

会社の備品や接待費を区別して法人カードで管理することで、大幅な経理業務の削減につなげることができますよ!

NTTファイナンスBizカード

公式サイトビジネスをサポート!NTTファイナンスBizカード公式サイト

ビジネスカードなのに年会費無料!

ビジネスカードなのに年会費無料!

NTTファイナンスBizカード レギュラーは年会費が、ずっと無料です。

無条件で年会費無料は優秀!

他のビジネスカードでも年会費無料はありますが、初年度だけだったり、リボ払いの設定や年に1度の利用が必要などの条件がありますが、NTTファイナンスBizカード レギュラーは一切の条件がありません!

無条件で、ずっと年会費無料になります。

ビジネスを始めたばかりであれば、できるだけコストを抑えたいところなので、NTTファイナンスBizカード レギュラーは初めて持つビジネスカードとしておすすめです。

余分なコストを抑えることで、他のことに経費を回すことができるようになります!

1枚では足りない!?追加カードも年会費無料!

1枚では足りない!?追加カードも年会費無料!

個人のクレジットカードは家族に発行できる家族カードがありますが、法人・個人事業主向けクレカの場合は従業員向けの追加カードとして使用者カードを発行することができます。

従業員向けとなるため、もちろん家族以外の方にも発行できるカードとなります。

何より無料が嬉しい!

NTTファイナンスBizカード レギュラーは嬉しいことに使用者カードも年会費無料で発行することができます!

しかも、枚数制限の記載もないため必要な枚数を申込むことができ、「満20歳以上の方」であれば申込むことができます。

しかも、使用者カードの最大の魅力は本会員カードのような審査がありません。

クレジットカードの利用限度額は、使用者カードが増えたとしても利用限度額が増えるわけではないため基本的には審査は行われません。

ただし、使用者カードを申込む際は、NTTファイナンスでの審査が行われるとの記載があるため何かしらのチェックは行われていますが、本会員の申込み時と同じような審査は行われないため安心して申込むことができます。

使用者カードも本会員と同じ付帯サービスを利用することができるので使用者カードで利用した分も還元率1%でポイントを貯めることができるうえに、国内・海外旅行傷害保険も最高2,000万円、ショッピング保険も最高100万円が付帯しています。

従業員の方へ使用者カードを発行できれば現金出納帳などの管理も必要なくなるため経費精算も簡単に行えるようになります!

NTTファイナンスBizカード

公式サイトビジネスをサポート!NTTファイナンスBizカード公式サイト

ETCカードも発行可能

ETCカード利用分もポイントが貯まる!

NTTファイナンスBizカード レギュラーを発行するとETCカードを作成することができます。

ETCカードの年会費は500円(税別)となりますが、ETCカードで利用した金額もまとめて請求されるため、経費精算が楽になります。

年会費が必要ですが仕事で車を利用する方であれば発行する価値はあります。

もちろん、ETCで利用した通行料金も還元率1%となるので毎日、利用している方であれば、どんどんポイントが貯まることになります。

NTTファイナンスBizカード レギュラーの審査申込み基準は?

NTTファイナンスBizカード レギュラーの審査申込み基準は?

NTTファイナンスBizカード レギュラーの審査申込み基準は「法人もしくは個人事業主、カード使用者は、満20歳以上の方、法人の方は、連帯保証人が必要」となっています。

ただし法人の連帯保証人は代表者本人でOKですので、申込みのハードルは高くありませんよ!

法人の方は、連帯保証人が必要でオンラインでの申込みができないため、入会申込書を取り寄せからの申込みとなります。

事業主向けのクレジットカードは一般的に発行まで時間がかかることが多いんですが、オンライン・紙申込みとも、2週~3週間程度でカードが発行されます。

必要書類が本人確認書類!

法人の場合は、登記事項証明書(履歴事項全部証明書)が必要となりますが、個人事業主であれば本人確認書類だけで申込むことができます。

つまり、フリーランスや個人事業主であれば個人のクレジットカードの申込みに必要な書類だけでビジネスカードを手に入れることができます!

NTTファイナンスBizカード

公式サイトビジネスをサポート!NTTファイナンスBizカード公式サイト

個人事業主の方の引落し口座は個人名義でOKです。

個人事業主の方の引落し口座は個人名義でOKです。

クレジットカードとなるため、引落し口座を指定する必要があります。

NTTファイナンスBizカード レギュラーは、申込者が法人か個人事業主かで銀行口座の名義も変わってきます。

個人名義の口座もOK!

法人の方であれば法人名義口座での口座設定が必要となりますが、個人事業主やフリーランスであれば申込み本人の個人名義口座か個人事業主(屋号)名口座を指定することができます。

個人名義の口座で申込みができるため、個人事業主やフリーランスの方でも気軽にビジネスカードに申込むことができます!

NTTファイナンスBizカード

公式サイトビジネスをサポート!NTTファイナンスBizカード公式サイト

世界シェアNo.1のVisa!

NTTファイナンスBizカード レギュラーの国際ブランドは世界シェアNo.1であるVisaになります!

2015年3月のNILSON REPORTによるとVisaが58%を占めており過半数以上となっており世界のほとんどの国で利用できる国際ブランととなります。

2015年3月のNILSON REPORTによるとVisaが58%

Visaがあれば海外への出張も安心していくことができます!

ビジネスカードなのに還元率1%!

ビジネスカードなのに還元率1%!

個人クレカより、事業用のクレカは利用額が増える傾向があるので高還元はうれしい!

NTTファイナンスBizカード レギュラー最大の魅力は還元率が1%というところです。

クレジットカードの還元率1%と聞くと低いように感じますが、ビジネスカードとしては、かなり希少価値のある還元率と言えます!

他のビジネスカードの場合は、ポイント自体がなかったり、ポイント付与があっても、0.5%や0.6%となるため、NTTファイナンスBizカード レギュラーの1%は、かなり優秀です。

NTTファイナンスBizカード レギュラーのポイントは、毎月の利用額1,000円につき10ポイントが付与されます。

しかも、ポイント対象外となるのが、出光キャッシュバックシステム利用分と海外キャッシング(一括)のみとなります。

事業経費の一元管理でポイントゲット

事業でかかるお金の一元管理でポイントGET!

電子マネーチャージはポイント対象外が多い中、ほとんどの利用がポイント対象となるため電子マネーへのチャージはもちろん、税金等の支払いでもポイントを貯めることができます。

嬉しいことにNTTグループであるNTT東日本、NTT西日本、NTTドコモ、NTTコミュニケーションズ、NTTファイナンスおまとめ請求の利用額に関しては、200円につき2ポイントが付与されます。

還元率は同じですが小さい金額でのポイント付与となるとポイントが貯まりやすくなるため、地味ですが大きなメリットです!

通信関係をNTTグループすることでポイントの貯まり方は変わってきます。

ただし、注意が必要でドコモショップ店頭で請求書(払込票)の支払いをNTTファイナンスBizカード レギュラーで決済すると1,000円につき10ポイントで計算されます。

貯まったポイントは、1ポイント=1円分の価値があり、キャッシュバックとして月の請求金額に充当することができたり、VJAギフトカード、図書カードNEXT、QUOカードなどに交換することができます。

通常、ギフトカードや図書カードなど金券への交換の場合、還元率が悪くなることが多い中、1%のままで交換が可能となっています!

他にもdポイントやANAマイレージクラブポイントへポイント移行や、各種景品へ交換することができます。

NTTファイナンスBizカード

公式サイトビジネスをサポート!NTTファイナンスBizカード公式サイト

ポイントの有効期限は?

NTTファイナンスBizカード レギュラーで貯めることができるポイントの有効期限は2年間となります。

一般的なクレジットカードの有効期限となります。

例えば、2020年9月に獲得したポイントの有効期限は2022年8月末となり、1ヶ月単位で失効していくので毎月ポイントが失効しないかチェックを忘れないようにしましょう!

 

ポイントモール「倍増TOWN」で最大26倍!

NTTファイナスが発行しているカードの方であれば利用することができるポイントモール「倍増TOWN」があります。

いつも利用しているオンラインショップを倍増TOWN経由で買い物をするだけで最大26倍のポイントを獲得することができます。

倍増TOWNには450ショップ以上が掲載されており、楽天市場やYahoo!ショッピングや出張などの宿泊予約サイトである楽天トラベル、じゃらんnetなどや接待などで利用するゴルフ場予約ができるゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)などがあります。

特にパソコン関係であれば購入金額も大きくなるため、倍増TOWNを経由するだけで驚くほどのポイントが付与されます。

🙂 例えば、楽天市場(2倍)で5,000円(税込)の買い物をした場合

■楽天市場で5,000円(税込)の買い物をした場合
決済方法 NTTファイナンスBizカード レギュラー
倍増TOWN
合計 150 100
通常ポイント 50 50
倍増TOWNポイント 50 0
楽天ポイント(SUP1倍) 50 50

楽天市場での買い物をした場合は、嬉しいことに楽天ポイントも貯めることができるので、ポイントの2重取りも可能となります。

楽天市場とYahoo!ショッピングは倍増TOWN内で検索することができるので、欲しい商品をすぐに見つけることができちゃいます。

倍増TOWNには期間限定でポイントアップするショップもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

倍増TOWNのショップには利用額に応じてポイントが倍増するショップと利用額関係なくショップ利用で決まったポイントが加算されるショップがあります。

🙂 気になる倍増TOWNのショップはこちら!

■倍増TOWNの一部ショップ(2020年9月現在)
カテゴリ ショップ 倍率・ポイント
パソコン HP Directplus 3倍
NEC Direct 3倍
富士通 WEB MAMR 3倍
Dynabook Direct 3倍
マウスコンピューター 3倍
レノボ・ショッピング 3倍
オフィス・デポ ジャパン 3倍
Dell 2倍
オフィス用品 ロフトネットストア 4倍
旅行・出張・レストラン予約 一休.comレストラン 2倍
楽天トラベル 2倍
ANAトラベラーズ 2倍
Booking.com 8倍
JTB(国内) 3倍
じゃらん.net 3倍
【海外・国内航空券】旅行予約のエクスペディア 2倍
【海外・国内ホテル】旅行予約のエクスペディア 6倍
ホテルズドットコム 4倍
ホテル・旅館の宿泊予約【一休.com】 2倍
【ゴルフ場予約】ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 500ポイント
フラワーギフト 日比谷花壇 6倍
e87.com 4倍
青山フラワーマーケットオンラインショップ 7倍
総合通販 Yahoo!ショッピング 2倍
楽天市場 2倍
百貨店 高島屋オンラインストア 4倍
阪急ギフトモール 3倍
小田急オンラインショッピング 3倍
大丸松坂屋オンラインショッピング 4倍

倍増TOWNでの買い物も、安心の最高30万円補償!

倍増TOWNでの買い物も、安心の最高30万円補償!

NTTファイナンスBizカード レギュラーは倍増TOWNでの買い物をするとポイントが最大26倍貯まる魅力的なサービスですが、さらに安心して買い物できる倍増TOWN安心サービスが付帯しています。

倍増TOWNで買い物をする際はNTTファイナンスBizカード会員WEBサービスであるMyLinkにログインが必要になります。

ログインに必要なID・パスワードをハッキングされ倍増TOWNでNTTファイナンスBizカード レギュラーが不正利用された場合は、年間で最高30万円まで補償してくれます。

カード利用明細書、インターネット(Eメール含む)による通知後60日以内に必要書類を提出後、被害状況の確認が取れると損害額を補償してくれます。

年会費無料のクレジットカードで、ここまで保険が充実しているカードは稀と言えます!

ガソリン代もお得に!

ガソリン代もお得に!

仕事で車を使っていると必ずかかってくるのがガソリン代ですが、出光サービスステーションでガソリンの給油をNTTファイナンスBizカード レギュラーで入れ続けると、ガソリン代が最大40円/リットルもキャッシュバックされます!

給油は出光で!

NTTファイナンスBizカード レギュラーを持っている方は、ガソリンを入れる時は必ず出光!と覚えてたら、いつの間にかキャッシュバックされる単価が大きくなります。

毎月16日~翌月の15日までに出光サービスステーションでNTTファイナンスBizカード レギュラーの利用額応じて、翌月16日~翌々月15日までのガソリン代・軽油代が割引になります。

毎月ガソリン代が1万円未満であれば2円/リットル引きとなり、毎月20万円ぐらいであれば40円/リットル引きとなります。

出光サービスステーションのポイント算出は利用額1,000円につき0.1ポイントが付与され1ポイント以上になれば割引されるようになります。

NTTファイナンスBizカード

公式サイトビジネスをサポート!NTTファイナンスBizカード公式サイト

🙂 気になる割引はこちら!

■出光キャッシュバックシステムの内容
利用金額 ポイント おトク単価
ハイオク・レギュラー 軽油
1,000円以上10,000円未満 1ポイント 2円/リットル 1円/リットル
2万円 2ポイント 4円/リットル 2円/リットル
5万円 5ポイント 10円/リットル 5円/リットル
10万円 10ポイント 20円/リットル 10円/リットル
20万円 20ポイント 40円/リットル 20円/リットル

割引になる月間適用限度は、出光スーパーゼアス(ハイオク)100L、出光ゼアス(レギュラー)100L、出光軽油100Lまでとなっています。

キャッシュバックの計算はカード単位で行われるため、残念ながら本会員と使用者カードでのポイントは合算されないので注意が必要です。

気になるポイントの交換先!

気になるポイントの交換先!

NTTファイナンスBizカード レギュラービジネスカードにも関わらず1,000円につき10ポイントで1ポイント=1円の価値があるため驚きの高還元率1%となっています。

年会費無料のクレジットカードを利用している方であれば、コストを抑えたいと考えている方も多くいらっしゃると思います!

キャッシュバックやAmazonギフト券など多数!

コストを抑えたい方であれば、毎月のカード支払いに充てることができるキャッシュバックがおすすめです。

キャッシュバックは、10,000ポイントを貯めるとキャッシュバック10,000円分と交換することができます。

交換先がキャッシュバックやギフトカードやギフト券などへの交換の場合は、還元率が少し悪くなるカードもあるので還元率が1%のままというのはメリットです。

ポイント移行も種類が豊富でdポイント、ANAマイレージクラブポイント、スターバックスカード、JRキューポ、Tポイントなどが用意されています。

ただし、ANAマイレージクラブポイントへの移行は、少し還元率が悪くなるので、ANAのマイルへの移行は、あと少しマイルがあればアップグレードや航空券に交換できるなどの時などの交換がおすすめします。

他にもカタログギフトや空気清浄機、床拭きロボット、アイロボット、ダイソン掃除機、コーヒーメーカーなど各種景品に6,000ポイントから交換することもできます。

🙂 気になるポイント交換先

■気になるポイント交換先(一部)
区分 プレゼント 必要ポイント数
キャッシュバック・ギフトカード キャッシュバック 10,000円分 10,000
VJAギフトカード 20,000円分 20,000
図書カードNEXT 20,000円分 20,000
QUOカード 20,000円分 20,000
電子ギフト Amazonギフト券 10,000円分 10,000
nanacoギフトID 10,000円分 10,000
EdyギフトID 10,000円分 10,000
ポイント移行 dポイント 10,000ポイント 10,000
ANAマイレージクラブポイント 4,000マイル 10,000
スターバックスカード 10,000円分 10,000
JRキューポ 10,000ポイント 10,000
Tポイント 10,000ポイント 10,000
Pontaポイント 10,000ポイント 10,000
ちょコムポイント 10,000ポイント 10,000
景品(6,000P~) エビスビール(350ml×24缶) 6,000
「エクセルシオールカフェ」ドリップコーヒーセット 8,500

年会費無料なのに国内・海外旅行傷害保険が最高2,000万円

年会費無料なのに国内・海外旅行傷害保険が最高2,000万円

持っているだけで補償される!

NTTファイナンスBizカード レギュラー国内・海外旅行傷害保険が最高2,000万円付帯しています。

しかも、海外旅行傷害保険はNTTファイナンスBizカード レギュラーを持っているだけで保険適用される自動付帯となります。

年会費無料であれば、ほとんどはカードを旅行代金を利用しないと保険適用されない利用付帯が多い中、年会費無料で自動付帯は、とてつもなく素晴らしい付帯サービスです!

国内旅行傷害保険は利用付帯となり、旅行代金をNTTファイナンスBizカード レギュラーで支払っていたら最高2,000万円の補償を受けることができます。

出張の多い仕事であれば飛行機や新幹線、ホテルなどをNTTファイナンスBizカード レギュラーで決済するだけとなるので、経費計算も簡単になるため仕事の移動であればNTTファイナンスBizカード レギュラーでの決済をおすすめします!

海外への出張の場合も、NTTファイナンスBizカード レギュラーで決済していれば、1,000円につき10ポイントの1%還元を受けることができるので自動付帯といえどもNTTファイナンスBizカード レギュラーを利用しましょう!

しかも、従業員向けの使用者カードも国内・海外旅行傷害保険が最高2,000万円が付帯しているので、従業員の方が出張するときも安心できます。

NTTファイナンスBizカード

公式サイトビジネスをサポート!NTTファイナンスBizカード公式サイト

■NTTファイナンスBizカード レギュラーの国内・海外旅行傷害保険の内容
保険の種類 補償内容 金額
海外旅行傷害保険 傷害死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療費用 50万円
疾病治療費用 50万円
賠償責任 2,000万円
救援者費用 200万円
国内旅行傷害保険 傷害死亡・後遺障害 2,000万円

24時間対応の日本語対応で出張・旅先でも安心!

24時間対応の日本語対応で出張・旅先でも安心!

NTTファイナンスBizカード レギュラーには海外で事故やトラブル、パスポートの紛失・盗難に遭ったときに、24時間年中無休で相談することができます。

病気になった場合などは、現地の医師や病院などを紹介してくれるため、もしもの時に、とても心強いサービスです。

突然の事で、パニック状態の時に日本語で案内されることで落ち着いて対応することができます。

もしもの時の強い味方なので旅行に行く前に連絡先のチェックを忘れずにしてくださいね。

海外旅行中の医療費は高額なんです!

海外旅行中の医療費は高額なんです!

日本では医療体制が整っているため、社会保険、国民保険のどちらに加入していても基本3割負担で済むため高額になることもありません。

また、高額医療になった場合も高額療養費制度を申請することで、ひと月で上限額を超えた場合は超えた金額が支給されるため、負担が少なくて済みます。

ただし、海外の場合は日本のように3割負担とならず、全額負担する必要があります。

海外で手術した場合、数百万の請求されることが多く楽しいはずの海外旅行が借金を背負って帰国することもあります。

NTTファイナンスBizカード レギュラーには傷害治療費用、疾病治療費用とも最高50万円まで付帯しているため、もし高額な医療費だった場合も少しは軽減することができます。

なお、複数クレジットカードを持っている場合は、保険金を各カードへ請求することができるため保険金額が合算できるので、医療費が50万円を超える場合でも他のクレジットカードの海外旅行傷害保険でカバーすることもできます。

ただし、傷害死亡・後遺障害は複数クレジットカードを保有していても保険金額は合算されません。

ハワイで盲腸(虫垂炎)の手術をした場合の負担

ハワイで盲腸(虫垂炎)の手術をした場合の負担

実際、海外で手術をした場合、どれぐらいの医療費がかかるのか気になりますよね。

日本人が多く観光として訪れるハワイのホノルルの場合、盲腸(虫垂炎)の手術の治療費だけで約300万円もかかってしまうと言われています。

もちろん、他にも初診料や病院部屋代もかかってきますし、もし急性虫垂炎だった場合は救急車を利用するかもしれませんが、日本の場合は無料ですが、アメリカの場合は有料となります。

症状や状況次第では最終的な医療費は異なってきますが、日本より高額なことがわかります。

海外旅行傷害保険がない状況だと数百万円単位での医療費を全額負担が必要になってくるため、クレジットカードを選ぶときは海外旅行傷害保険の補償額が、どうなっているかもクレジットカードを選ぶ際の重要なポイントとなります。

ちなみに、日本国内で医療保険に加入中に海外旅行中でも国内と同じように補償を受けることができますが、国内基準での補償となるため、高額な医療費がかかる国で治療した場合は、国内の医療保険をオーバーする可能性があります。

また、医療保険次第では、海外での治療費を補償しない保険会社もあるため自分の加入している医療保険の内容を確認することもおすすめします。

NTTファイナンスBizカード レギュラーでは海外旅行傷害保険が自動付帯していますが、旅先次第では補償内容が充分とは言えないため、もっとしっかりした補償内容が必要な方はNTTファイナンスBizカード ゴールドをおすすめします。

NTTファイナンスBizカード ゴールドであれば、年会費10,000円(税別)となりますが、海外旅行傷害保険が最高1億円で、傷害治療費用・疾病治療費用も最高300万円まで付帯しているので、海外出張が多い方にはNTTファイナンスBizカード ゴールドをおすすめします。

年会費10,000円(税別)と高くはなりますが、ビジネスカードの年会費は経費として計上することができるので、必要なサービスがNTTファイナンスBizカード ゴールドにあれば経費をかけるだけの価値はあるので、ぜひ検討してみてくださいね。

国内・海外での買い物で最高100万円補償!

国内・海外での買い物で最高100万円補償!

NTTファイナンスBizカード レギュラーにはショッピング補償保険が最高100万円が付帯しています。

一般的なクレカは国内の補償がないのでうれしい重要ポイントです!

嬉しいことに国内・海外問わず補償となります!年会費無料や年会費有料のクレジットカードであっても、海外での買い物のみの補償が多い中、NTTファイナンスBizカード レギュラーは国内での買い物も補償となるため、心強い付帯保険となります。

ショッピング補償保険とは国内・海外で買い物をした後に予期せぬ事故や盗難などにあったときに補償してくれる保険となります!

例えば、国内へ出張中に購入した先方への贈答品を事故などで破損した場合、NTTファイナンスBizカード レギュラーで購入していたら自己負担10,000円で最高100万円まで補償してくれます!

そのため、国内・海外で大きな買い物をする場合は、NTTファイナンスBizカード レギュラーで買い物をすることをおすすめします。

国内・海外でNTTファイナンスBizカード レギュラー購入したもの(一部対象外あり)が破損・盗難などに合った場合に、購入日から90日間、最高100万円までであれば、補償してくれます!

NTTファイナンスBizカード

公式サイトビジネスをサポート!NTTファイナンスBizカード公式サイト

急なケガ・病気でも、ネット予約キャンセル補償!

急な予定変更でも、ネット予約キャンセル補償!

出張などで飛行機やホテルを予約していたけど、子どもがケガをして病院!など、急に予定のキャンセルが必要になってキャンセル料が発生することもあるかと思います。

NTTファイナンスBizカード レギュラーには嬉しいことにネット予約キャンセル補償サービスが付帯しており、年間で最高5万円まで補償してくれます。

キャンセル料などは場合によっては100%の場合もあり、全額をカバーできない場合もありますが、少しでも補償されるのであれば嬉しい限りです。

キャンセル補償が付帯しているクレジットカードは少ない上に、付帯してるカードはステータスの高いクレジットカードばかりなので一般のカードで、しかも年会費無料のクレジットカードで付帯しているためNTTファイナンスBizカード レギュラーはパーフェクトです!

ネット予約キャンセル補償が適応されるのは国内・海外問わず適応されNTTファイナンスBizカード レギュラーで支払った旅行代金のキャンセル料が対象となります。

キャンセル理由が以下の内容であれば補償対象となります。

  • 会員、会員の配偶者または1親等以内の親族の死亡、傷害または疾病による入院
  • 会員、会員の配偶者または子どもの傷害による通院

通院によるキャンセルの場合は、年間で最高15,000円までの補償となります。

NTTファイナンスBizカード

公式サイトビジネスをサポート!NTTファイナンスBizカード公式サイト

ビジネスに便利なサービスが豊富!

NTTファイナンスBizカード レギュラーはビジネスのためのサービスも受けることができます。

福利厚生もばっちり!

従業員のための福利厚生サービスやAmazon Businessへのカンタン登録、Visaが提供するサービスである「Visaビジネスオファー」と「Visaビジネスグルメオファー」を利用することができます。

Visaビジネスオファーの優待特典!

Visaビジネスオファーの優待特典!

Visaビジネスオファーには、ビジネスに必要な様々なサービスの優待特典を受けることができます。

例えば、個人事業主やフリーランスであれば、毎年必ず確定申告を行う必要があり、毎月の経費の算出などが必要になってきますが、NTTファイナンスBizカード レギュラーであれば、クラウド会計・確定申告ができるマネーフォワードを特定プランの契約を利用開始から3ヶ月無料で利用することができます。

通常、1ヶ月無料しか行ってないため、3ヶ月無料であれば利用してみる価値はあります。

確定申告や法人決算は知識がないと、なかなか難しいため使えるツールは使わないと余計な作業に時間を使ってしまい、ビジネスチャンスを逃してしまう可能性もあります。

他にもホテルの宿泊やオフィス用品購入、ハイヤーなどを優待価格で利用することができます。

さらに詳しく

接待もVisaビジネスグルメオファーで優待あり!

接待もVisaビジネスグルメオファーで優待あり!

ビジネスをしていると接待や会食などでお店を探す必要があります。

Visaビジネスグルメオファーには、シチュエーションや予算に合わせてお店を探すことができる上に、通常価格より15%OFFになったり、ワインフルボトルが1本プレゼントなど、さまざまな優待を受けることができます。

もちろん、接待や会食だけではなく従業員の方との親睦会やランチミーティングなどにも利用することができるので、お店に悩んだ時には、Visaビジネスグルメオファーで検索してみると素敵なお店を探せるかもしれません!

予約方法も簡単で予約したいレストランを探し、NTTファイナンスBizカード レギュラーのカード番号(最初の6桁)を入力してログイン後に表示される「050」から始まる専用ダイヤルに電話して予約するだけでOKです。

当日の会計時にNTTファイナンスBizカード レギュラーで支払いをするだけで優待を受けることができます。

さらに詳しく

NTTファイナンスBizカード

公式サイトビジネスをサポート!NTTファイナンスBizカード公式サイト

Amazon Businessに簡単登録

Amazon Businessに簡単登録

Amazonには法人・個人事業主向けのサービスとしてAmazonビジネスがあります。

Amazonビジネスを利用すると、登録したクレジットカードをグループ支払い方法として共有することができるため、NTTファイナンスBizカード レギュラーAmazonビジネスの支払い方法に登録するとAmazonビジネスにログインできる方であれば、カードが手元になくても注文することができるようになります。

また、法人価格だったり、購入する数量に合わせて割引される商品があったりとコストを抑えることもできます。

会社で1つのアカウントを共有することができ、承認ルールを作ることもできるため勝手に購入できないなどの承認ルールを作ることも可能になります。

NTTファイナンスBizカード レギュラー会員であれば、Visaセルフ登録ポータルを利用することができ法人・個人事業主向けの購買専用サイトを簡単に作ることができます。

福利厚生があると喜ばれる!

小さな会社でも従業員の方がいれば福利厚生が、しっかりしていると喜ばれます!

でも、福利厚生は、どうしたらいいかわかりませんよね?

NTTファイナンスBizカード レギュラーであれば福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」を入会金無料、月々のプランも特別価格で契約することができます。

もちろん、毎月かかる費用も経費として計上することもでき、従業員が喜んでくれるため、長期的に仕事を続けてくれる可能性もでてきます!

映画を安くで見れたり、フィットネスジムに会員価格で利用出来たりするので活用方法は無限大です。

🙂 Twitterでもベネフィットステーションを活用されている方がツイートしています!

NTTファイナンスBizカード

公式サイトビジネスをサポート!NTTファイナンスBizカード公式サイト

JR東海「エクスプレス予約」が利用できる!

JR東海「エクスプレス予約」が利用できる!

東海道・山陽新幹線(東京~博多間)をネット予約&チケットレス乗車ができる「エクスプレス予約サービス(プラスEX会員)」をNTTファイナンスBizカード レギュラー会員の方は申込むことができます。

エクスプレス予約サービス(プラスEX会員)を申込みすると、プラスEXカードが発行され年会費は1,100円(税込)となりますが、エクスプレス予約サービス(プラスEX会員)入会申込み後の2ヶ月はお試し期間として無料で利用することができます。

2ヶ月の間に利用してみて、あまり利用頻度がないようであれば解約すれば年会費は発生しません。

お盆や年末年始、連休などの期間も含め、1年中いつでもおトクに東海道・山陽新幹線の指定席を利用できる会員制のネット予約サービスで、1年中同じ料金で乗車することができますよ。

エクスプレス予約では、窓口に行かなくてもネットでチケットを予約することができる上に、予約の変更は何度でも手数料無料で変更することもできます。

席も自分が好きな席を選ぶことができるため、新幹線の後に電車などに乗り換える場合は、乗り換えに便利な車両を選んだりすることもできちゃいます。

エクスプレス予約で予約したチケットはチケットレスのため、乗車時間まえに、プラスEXカードをかざすだけで新幹線に乗ることができます!

年会費はかかりますが、新幹線をよく利用される方は発行する価値があるサービスとなります。

Web利用明細を修正し経理処理が簡単に!

毎月の経理処理の際に、クレジットカードの明細も必要になりますが、NTTファイナンスBizカード レギュラー利用明細は費用科目やメモを追記することができちゃいます!

費用科目やメモを追記した利用明細をPDFやCSVで保存することができます。

費用科目は12個用意されており、選択なし、水道光熱費、旅費交通費、通信費、広告宣伝費、接待交際費、損害保険料、修繕費、消耗品費、雑費、新聞図書費、その他から選ぶことが可能で、費用科目ごとや利用者ごとにPDFを最大10分割に明細を分けることができます。

メモを追記することもできるので接待交際費など相手の会社名や名前なども入れることができるため、経理処理がスムーズに行えるようになります!

なお、毎月の利用明細書を郵送が必要な場合は、1通当たり100円(税別)となるため、Webでの利用明細書を印刷するかダウンロードすることをおすすめします。

不正利用にもいち早く対応!

不正利用にもいち早く対応!

NTTファイナンスBizカード レギュラーには、クレジットカードを利用ごとにメールで知らせてくれる利用通知サービスがあります。

利用ごとに知らせてくれるため、身に覚えのない利用にいち早く気づくことができるため、不正利用にもすぐに対応することもできます。

また、使用者カードの利用情報も本会員カードに利用内容が届くため、私用に利用してないかも確認することもできるため、安心して従業員にカードを渡すことができます。

ただ、利用するたびにお知らせがくるとチェックするのが面倒ですが、1日1回15時頃にまとめてお知らせがくるので、通知が煩わしくなることもありません!

還元率1%なので、どんどん貯まるポイントですが、ポイントの有効期限が切れる3ヶ月ポイント失効事前お知らせとしてメールでお知らせ来るので、メールが届き次第、ポイントを利用することもできるので、うっかり失効を防いでくれます!

NTTファイナンスBizカード

公式サイトビジネスをサポート!NTTファイナンスBizカード公式サイト

タッチ決済でスピード決済!

NTTファイナンスBizカード レギュラーの国際ブランドはVisaとなるため、Visaのタッチ決済が利用できます。

タッチ決済にすると端末にカードをかざすだけで支払いが終わってしまいます。

タッチ決済だとサインや暗証番号の入力が不要となるので、短時間に決済を終了することができます。

日本ではタッチ決済が始まったばかりで、まだ普及してない決済方法ですが、海外では特に普及しているため日本国内でも増えてくるのは間違いありません。

ただ、お店の方がタッチ決済を理解してないこともあり、戸惑ってしまうことがあるようです。

私も先日、タッチ決済をしようとしたら、お店の方が戸惑ってしまったので普通にカードを渡して支払う羽目に・・・最初からスマホで払えばよかったなと後悔しちゃいましたが、iPhoneの顔認証だとスムーズにいかないことも多くなってきたので、タッチ決済が普通になると、もっと便利になります!

電子マネーチャージでもポイントゲット!

電子マネーチャージでもポイントゲット!

NTTファイナンスBizカード レギュラーは楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA、モバイルPASMOにチャージすることができます!

しかも、チャージした分もポイント還元されるため、1%の還元を受けることができます。

Edyが利用できるお店や交通系電子マネーが利用できる場所であれば、Apple PayとGoogle Payとほどんど、変わりなく利用することができます!

オートチャージ機能を利用していたら、残高を気にすることなく利用することもできるので、電車、バスを仕事で、よく利用するのであればおすすめです。

NTTファイナンスBizカード

公式サイトビジネスをサポート!NTTファイナンスBizカード公式サイト

NTTファイナンスBizカード レギュラーの盗難や紛失した場合は?

NTTファイナンスBizカード レギュラーの盗難や紛失した場合は?

起きてほしくないのがカードの盗難・紛失ですが、もしもの時にどんなサポートがあるかも把握しておくべき重要なポイントです。

盗難や紛失をした場合はカードを利用できなくするためへカードの盗難・紛失の連絡をしましょう。

不正利用された場合は連絡した日から60日前にさかのぼり補償してくれるので安心です。

海外の場合は、コレクトコールでの電話することができます。

毎月の支払日・締日はいつ?

毎月の支払日・締日はいつ?

クレジットカードは、毎月の締日と支払日があります。

締日は期間中に使用したクレジットカードの支払いを合計する期日のことで、支払日はクレジットカード会社から口座振替で引き落としされる日のことです。

NTTファイナンスBizカード レギュラー利用締日は毎月末日で、翌月の25日払いとなりますが金融機関が土日祝日などの休業日の場合は、翌営業日となります。

NTTファイナンスBizカード レギュラーの解約方法は?

NTTファイナンスBizカード レギュラーはビジネスカードで年会費無料となるため、解約はもったいないですが、個人事業主やフリーランス、法人ではなくなった場合は、利用することがないため解約が必要になってきます。

嬉しいことにフリーダイヤルが用意されているため、安心して電話することができます!

解約前の注意事項

NTTファイナンスBizカード レギュラーを解約するにあたり、いくつか注意することがあるため解約の電話前に必ずチェックしてから手続きすることをおすすめします。

継続決済にしている契約はないか?

公共料金や携帯電話など継続決済をNTTファイナンスBizカード レギュラーになっていないか確認が必要となります。

今までの利用明細を確認し継続決済をしているものがあれば解約前に他のクレジットカードに変更を行わないと決済されず延滞とみなされてしまうため注意が必要です。

未払い・未確定の支払はないか?

NTTファイナンスBizカード レギュラーを解約の連絡をした時点で未払い、未確定の利用分などの利用残高があった場合でも、解約は問題はありません。

解約後も利用残高がある場合は完済するまで引き続き、自動で引落しとなるため、引落の口座の残高だけは注意が必要です。

追加カードも一緒に解約される

本会員以外にも、使用者カード、ETCカードなどを発行している場合は、本会員が解約されると同時に他のカードも使用できなくなります。

使用者カードの方が継続決済などを設定している場合もあるので必ず確認を行ってください。

また、ETCカードは車に乗せたままという方も多いかと思いますので使っているETCカードがNTTファイナンスBizカード レギュラーで発行したカードなのかも忘れずにチェックしてください。

貯まったポイントは?

NTTファイナンスBizカード レギュラーで貯まったポイントは、解約と同時にポイントは消滅します。

解約を考えている場合は、すべてのポイントを利用してから解約することをおすすします。

還元率1%なのでビジネスで利用していると、知らず知らずポイントが貯まっていることも多いため、キャッシュバックなどで利用するか、6,000ポインあれば賞品と交換することができます。

電子マネーのオートチャージの設定は?

NTTファイナンスBizカード レギュラーは楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA、モバイルPASMOにチャージしてもポイントを貯めることができるため、オートチャージに設定している方も多くいるため、解約する際は、オートチャージするクレジットカードの変更が必要となります。

変更をしていないと、オートチャージできなくなり、残高不足で支払い時に慌てることになるため、オートチャージしている場合は、登録したクレジットカードの変更が必要です。

NTTファイナンスBizカード レギュラーの解説まとめ

NTTファイナスBizカード レギュラーはビジネスカードにも関わらず年会費無料とコストを抑えたい、ビジネスを始めたばかりの方や個人事業主やフリーランスにおすすめのクレジットカードとなります。

年会費無料にも関わらずNTTファイナンスBizカード レギュラーであれば還元率1%とビジネスカードとしては、かなり高還元率のクレジットカードとなります。

また、国内・海外旅行傷害保険も最高2,000万円付帯しているうえに、ショッピング保険、ネット予約キャンセルも付帯しているので安心して買い物や出張などの予約もすることができます。

仕事で車を利用する方であれば出光サービスステーションでの給油がお得になるなど、できるだけコストを抑えたい方にピッタリなビジネスカードです。

まずは、年会費無料のビジネスカードであるNTTファイナンスBizカード レギュラーを利用して仕事が順調になってきたら、国内の主要ラウンジが無料で利用できるNTTファイナンスBizカード ゴールドに切り替えを検討してみてはいかがでしょうか?

NTTファイナンスBizカード ゴールドになると年会費10,000円(税別)にはなりますが、ETCカードが無料、海外旅行傷害保険が最高1億円、国内旅行傷害保険が最高5,000万円、ショッピング保険が最高300万円と付帯保険も手厚くなります!

NTTファイナンスBizカード

公式サイトビジネスをサポート!NTTファイナンスBizカード公式サイト

-クレジットカード, 法人・個人事業主カード

© 2020 クレジットカードブック